2015年02月12日

生と死

先月末、日本人ジャーナリストがイスラム系武装組織に殺害される映像が公開され、日本中に衝撃が走りました。
身代金やテロリストの釈放など、武装組織の要求は二転三転。ヨルダンやトルコといった国々をも巻き込んで事態は複雑な展開を見せ、最終的には日本人の人質が殺害されるという許されざる悲劇の結果となりました。


ニュースは日本に衝撃を与えましたが、それよりも私個人にとっては、はるかに大きな出来事が起こりました。


入院中の父が亡くなったのです。



祖父母を亡くした経験はありましたが、実の親を亡くした時の胸を締め付けられる辛さや喪失感は正直いって比べものにならないくらい大きい。


今テレビをつければ殺人事件や国際紛争、テロリズムなど、死に関する話題は溢れています。そうした話題に触れた時、心を痛めたり憤りを覚えることはあっても、所詮は他人事。自分とは違う世界の出来事と心のどこかでは思っていたことにようやく気付きました。


父は、1年ほど前に癌が見つかり、その後手術と放射線治療を耐え抜いて一度退院したのですが、亡くなる数日前に急に容体が悪化し、再入院。そのまま病院のベッドで息を引き取りました。


この世に確かに存在していたものが、火が消えるようになくなってしまう。
父の亡骸は文字通り、父という存在そのものがどこかに消え去ってしまった抜け殻のようでした。
その動かしようのない圧倒的な真実に、私はただただ無力感と寂しさを覚えるばかりでした。


人間が決めたことは変えることはできるが、死の前に人間は圧倒的に無力。

それでも父の死に顔を眺めていると、ほんの少し気持ちが安らいでいく気がしました。
父は病気の時には、全身のだるさで辛い顔をしていましたが、横たわる父の顔はとても安らかで、きれいだったのです。


医学的には人体が死に直面すると大量の鎮静作用、多幸作用のある化学物質が分泌されるそうです。そうした科学的な事実はあるにせよ、私には、父がこの世のあらゆる苦しみから解放され、旅立っていったように思えました。


父が亡くなって2週間ほど経過しますが、ふとした拍子に父のことを思い出します。悲しさ、寂しさは一朝一夕でなくなるものではありませんが、これからの自分の生をしっかりと生きていくことが父の何よりもの供養になるだろうと思えるようになってきました。


人は死の直前に、まばゆい光を見るといいます。
映画や動画で太陽の光りが写り込むショットが多いのは、もしかしたら人間が本能的に持っている、普通の人間の視点では見ることのできない光りに対する強い思いがあるのではないでしょうか。


我々が目で見るものには限りがあります。しかし動画では、時間軸や場所を縦横無尽に移動し、自分の視点をあらゆる場所に変えてこの世の中を見ることができます。それは神や仏の視点であり、私が動画編集をするのも、もしかしたら普通に生きている人間には見えない、神や仏の視点で見える美しいものへの憧憬があるのかもしれません。

最後は父の死と動画をむりやりこじつけた感がありますが、そうした事情でブログやYouTubeでの活動を休止しておりましたが、そろそろ再開しようかと思っております。

posted by DY Duke at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

私がYouTubeに動画を投稿する理由

動画編集という作業は非常に大変です。

撮影することに加えて動画の編集作業も、クオリティーを高めようと思えば相当な手間がかかる。

私はサラリーマンですが、今の仕事内容も映像とはまったく関係のないものです。

それでも動画の編集や投稿をする理由があります。

ちなみに、私のYouTube動画投稿のスタンスは過去記事に記しました。


もともと映画やミュージックビデオは好きでしたが、その魅力って、やはり

「映像によって、実際の物事をより感動的に演出したり、より素晴らしいものとして描写できる」

これだと思います。


映画では、アクション映画やサスペンス映画であれば、物事をよりスリリングに、あるいはより迫力があるように、よりダイナミックに演出され、恋愛映画ではよりロマンティックに、そして登場人物は魅力的に描かれるわけです。


映像によるそうした表現力を高めるために、映像制作者は様々な方策を考え、それを実践してきました。それによって動画による表現方法も進化をしてきたわけです。


映像表現によって、物事をより魅力的に見せる、ということは我々自身の「世界の認知の仕方」にも関わってくる問題だと思います。



これはどういうことかというと、我々の周囲で起こっていることは自分の脳で認知するわけですが、それが素晴らしいことであるか、そうではないかは自分の価値判断によって行われます。



世界が美しいか、そうでないか、その判断は自分で決めるものであり、自分の気持ちの持ちようで世界は素晴らしいものにもそうでないものにもなると、私は思っています。



いささか哲学的な話になってしまいましたが、自分が感じる世界の美しさを映像で表現し、それを共有したいという思いをもって動画投稿をしています


正直動画がなかなかそこまでのレベルには至っていませんが、より世界を美しく表現するためにも、自分のペースで頑張りたいと思っています。



今も一本動画を編集中です。

でも、やっぱり何かを創り出すという作業は大変ですけどね。


そんな私のYouTubeチャンネルはこちらになります。

https://www.youtube.com/user/MrDukeDY
posted by DY Duke at 23:43| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTubeの収益性の潮流はどうなる??

YouTubeの収益率が低下しているのではないか、という話が昨年の12月くらいからでてきていますね。

YouTubeの収益性について非常に参考になる記事がYahoo!ニュースに掲載されていましたので、そちらを紹介させていただきます。



「YouTuberが儲からなくて大変らしいですね」(山本一郎)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20150119-00042372/



こちらの記事によりますと、複数のYouTuberが、動画の収益性の低下を感じているとしています。
最近ですと、YouTuberのシバターさんがたしか収益率が低下しているという動画をアップしていましたね。


これには色々な見方があるようですが、この記事によりますと、どうやらYouTuberの動画視聴者の大半が小学生で、企業側も購買力のない小学生に対して広告を出しても仕方がないのではないかと推測されています。


結果として、広告料の低下につながっている、と。


uuumの握手会やHIkakin氏の握手会に参加している人たちのほとんどが小学生であったということも、その裏づけとされています。


ネットで簡単に動画が見られるようになる前は、子供向けのテレビ番組を一緒に視聴している大人に対する広告が成立していたが、ネット環境では個々人が好きな動画を見るようになると、これまでの企業のビジネスモデルが成立しにくくなるというのです。


ただ、収益率が下がっているというのはあくまでも動画投稿者たちの肌感覚の話なので、実際のところは推測でしかないわけですが。


YouTubeに動画を投稿する理由は人それぞれだと思いますが、広告料による収益を目的としている方はこうした流れを頭に入れておくと良いかもしれませんね。



やはり「好きなことで生きていく」ことは難しいのではないか、と思ってしまいます。






posted by DY Duke at 23:13| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。