2015年02月25日

海外制作の美しい日本の風景動画

我々が住んでいる日本の光景や風景も海外の人から見たらとても新鮮なものとして映るのでしょう。

以前私がニューヨーカーに「ニューヨークってとっても刺激的な街だよね」って言ったら、

「東京の方もとっても刺激的な街だよ」と言われて、ハッとなったことがあります。


日本に旅行した映像を編集し、非常に美しい動画に編集した作品がありました。


「January in Japan〜1月の日本」




南カリフォルニアを拠点に活動するプロの映像ディレクターScott Goldさんがご夫妻で冬の日本を旅行した際の模様を編集した動画です。


EOS 5D Mark3で撮影された非常に美しい映像です。

築地市場、両国国技館、渋谷のスクランブル交差点、東京スカイツリー、湯田中温泉、伏見稲荷、京都二条城など、日本の観光地での美しい光景が、ハイスピード撮影の効果でさらに夢の中の世界のように編集されています。


こうした映像を見ると、最先端の新しい街並みと、歴史ある伝統の街並み、美しい自然、そしてアジア風な繁華街の夜の景色といった様々な要素が融合し、渾然一体となってある意味摩訶不思議な空間となっている日本の魅力がとてもよくわかります。



普段我々が何気なく目にしている風景も、こうした外国の方の目を通してみると、とっても魅力的に映るんですね。とかく海外旅行がもてはやされる昨今の風潮ですが、日本国内にも私たちがまだ知らない、もしくはまだ気づいていない美しいものがたくさんあることを気づかせてもらえました。



日本の魅力って、この狭い国土にモダンや伝統や、几帳面な美しさや、猥雑な雰囲気が詰まっている奥深さにあるのだと思います。



都市の景観の統一感という意味では、日本はお世辞にも美しくはないかもしれませんが、日本の文化的な懐の深さは海外の他の都市、特に欧米の都市にはなかなかないのではないでしょうか。


この映像の編集や雰囲気が、この前見たあるドキュメンタリー映画に非常に似ていました。

その作品は「二郎は鮨の夢を見る」というドキュメンタリー映画なのですが、そのレビューはまた次回したいと思います。



posted by DY Duke at 13:45| Comment(0) | 映像レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ワンカットで撮影された風のPV♪ "Sights" by London Grammar

ワンショット長回しで撮影された映画のシーンで、印象的なものは数多くありますよね。


今回は、その「ワンショット」で撮影された風な素晴らしいPVがありましたのでそのご紹介♪



"Sights" by London Grammar



ステージの上で演奏し、歌うメンバーたち。

カメラがゆっくりと彼らの周りを動き、そしてステージの方に引いていくと観客席には満員のオーディエンス。


さらに、カメラが客席の方を向くと、メンバーたちが客席に座っている・・・というなんとも不思議な映像。


これ、場面を三分割して撮影し、それらをうまくつなげているみたいなのです。



冒頭の舞台のシーンと、中盤の客席も映しているクレーンショット、そしてさいごの観客席にメンバーたちがいるショット。


冒頭のシーンはリハーサルを撮影し、中盤は実際のライブ映像、そしてさいごに観客席だけの映像、という構造になっているようです。


特に冒頭のシーンから中盤のクレーンショットに移る部分は本当にうまく処理されていて、つなぎ目がわからないほど!

PVの監督は飛行機に乗ってこの音楽を聴いている時に、なんとも言えぬ浮遊感を抱いたようで、その感覚を映像化したそうです。


まるで神の視点で見ているかのような素晴らしい映像です♪そして、曲もまた素晴らしい♪

posted by DY Duke at 20:01| Comment(0) | 映像レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

素晴らしい旅動画♪ Lawrence of Morocco

今回ご紹介するのはこちらの動画♪

Lawrence of Morocco





この作品は旅行会社のプロモーション動画として作られたようですが、素晴らしい作品ですね♪


冒頭の静かなシーンの美しい映像。そして、中盤から映像にエレクトリックなパーカッションが入ってスピーディーな展開となり、ダンスシーンと街並みの映像とのクロスカッティング(フラッシュバック?)を用いたかっこいい編集!



ちなみにクロスカッティングとは、異なる場面のシーンを交互に描写することで臨場感を出す演出です。

この映像の場合はもしかしたら「フラッシュバック」という用語の方が正しいかもしれません。



静の部分の映像と動の部分の映像が相まって、素晴らしいリズムとメリハリをつけています。


旅動画の魅力


こうした旅動画の魅力とは、普段我々が旅先で目にしている光景とは違った視点で撮影されていることだと思います。例えば、57秒あたりの朝食を映しているシーン。


朝食自体はありふれたものですが、あの映像のつながりと撮り方でものすごく「リッチ」な感じになっていますよね。

実際の場所を非常に魅力的に、時には実際の魅力以上に映像で表現しているところが素晴らしい。



また、それぞれのショット自体は一見つながりのないように見えても、細かいショットの積み重ねで全体のつながりを連想させるのも素晴らしいところです。


私もこうした旅動画に魅力を感じてアップした映像はこちらになります。








やはり、動画の中に静と動のリズムがあると、全体的にもグッと魅力が増しますよね。私の今後の課題は、この静と動のリズムをいかに作っていくかだとおもいます。

posted by DY Duke at 20:19| Comment(0) | 映像レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。