2015年01月22日

私がYouTubeに動画を投稿する理由

動画編集という作業は非常に大変です。

撮影することに加えて動画の編集作業も、クオリティーを高めようと思えば相当な手間がかかる。

私はサラリーマンですが、今の仕事内容も映像とはまったく関係のないものです。

それでも動画の編集や投稿をする理由があります。

ちなみに、私のYouTube動画投稿のスタンスは過去記事に記しました。


もともと映画やミュージックビデオは好きでしたが、その魅力って、やはり

「映像によって、実際の物事をより感動的に演出したり、より素晴らしいものとして描写できる」

これだと思います。


映画では、アクション映画やサスペンス映画であれば、物事をよりスリリングに、あるいはより迫力があるように、よりダイナミックに演出され、恋愛映画ではよりロマンティックに、そして登場人物は魅力的に描かれるわけです。


映像によるそうした表現力を高めるために、映像制作者は様々な方策を考え、それを実践してきました。それによって動画による表現方法も進化をしてきたわけです。


映像表現によって、物事をより魅力的に見せる、ということは我々自身の「世界の認知の仕方」にも関わってくる問題だと思います。



これはどういうことかというと、我々の周囲で起こっていることは自分の脳で認知するわけですが、それが素晴らしいことであるか、そうではないかは自分の価値判断によって行われます。



世界が美しいか、そうでないか、その判断は自分で決めるものであり、自分の気持ちの持ちようで世界は素晴らしいものにもそうでないものにもなると、私は思っています。



いささか哲学的な話になってしまいましたが、自分が感じる世界の美しさを映像で表現し、それを共有したいという思いをもって動画投稿をしています


正直動画がなかなかそこまでのレベルには至っていませんが、より世界を美しく表現するためにも、自分のペースで頑張りたいと思っています。



今も一本動画を編集中です。

でも、やっぱり何かを創り出すという作業は大変ですけどね。


そんな私のYouTubeチャンネルはこちらになります。

https://www.youtube.com/user/MrDukeDY
posted by DY Duke at 23:43| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTubeの収益性の潮流はどうなる??

YouTubeの収益率が低下しているのではないか、という話が昨年の12月くらいからでてきていますね。

YouTubeの収益性について非常に参考になる記事がYahoo!ニュースに掲載されていましたので、そちらを紹介させていただきます。



「YouTuberが儲からなくて大変らしいですね」(山本一郎)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20150119-00042372/



こちらの記事によりますと、複数のYouTuberが、動画の収益性の低下を感じているとしています。
最近ですと、YouTuberのシバターさんがたしか収益率が低下しているという動画をアップしていましたね。


これには色々な見方があるようですが、この記事によりますと、どうやらYouTuberの動画視聴者の大半が小学生で、企業側も購買力のない小学生に対して広告を出しても仕方がないのではないかと推測されています。


結果として、広告料の低下につながっている、と。


uuumの握手会やHIkakin氏の握手会に参加している人たちのほとんどが小学生であったということも、その裏づけとされています。


ネットで簡単に動画が見られるようになる前は、子供向けのテレビ番組を一緒に視聴している大人に対する広告が成立していたが、ネット環境では個々人が好きな動画を見るようになると、これまでの企業のビジネスモデルが成立しにくくなるというのです。


ただ、収益率が下がっているというのはあくまでも動画投稿者たちの肌感覚の話なので、実際のところは推測でしかないわけですが。


YouTubeに動画を投稿する理由は人それぞれだと思いますが、広告料による収益を目的としている方はこうした流れを頭に入れておくと良いかもしれませんね。



やはり「好きなことで生きていく」ことは難しいのではないか、と思ってしまいます。






posted by DY Duke at 23:13| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ワンカットで撮影された風のPV♪ "Sights" by London Grammar

ワンショット長回しで撮影された映画のシーンで、印象的なものは数多くありますよね。


今回は、その「ワンショット」で撮影された風な素晴らしいPVがありましたのでそのご紹介♪



"Sights" by London Grammar



ステージの上で演奏し、歌うメンバーたち。

カメラがゆっくりと彼らの周りを動き、そしてステージの方に引いていくと観客席には満員のオーディエンス。


さらに、カメラが客席の方を向くと、メンバーたちが客席に座っている・・・というなんとも不思議な映像。


これ、場面を三分割して撮影し、それらをうまくつなげているみたいなのです。



冒頭の舞台のシーンと、中盤の客席も映しているクレーンショット、そしてさいごの観客席にメンバーたちがいるショット。


冒頭のシーンはリハーサルを撮影し、中盤は実際のライブ映像、そしてさいごに観客席だけの映像、という構造になっているようです。


特に冒頭のシーンから中盤のクレーンショットに移る部分は本当にうまく処理されていて、つなぎ目がわからないほど!

PVの監督は飛行機に乗ってこの音楽を聴いている時に、なんとも言えぬ浮遊感を抱いたようで、その感覚を映像化したそうです。


まるで神の視点で見ているかのような素晴らしい映像です♪そして、曲もまた素晴らしい♪

posted by DY Duke at 20:01| Comment(0) | 映像レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。