2015年03月13日

映画「アメリカンビューティー」のシナリオと映像に見るアメリカの本音と建前

アメリカに行く機会があり、ちょうどいい機会だったので今日は映画「アメリカンビューティー」の映像表現とシナリオから、アメリカという国について考えてみたいと思います。


今日の映画はこちら



1999年に制作された作品で今更感がありますが、同年度のアカデミー賞5部門に輝いた名作です。
私が初めてこの作品を見たのは大学生でしたので、正直その時にはこの物語の「本質」は分かりませんでした。


むしろ、見ている間は人間のむき出しの欲望が描かれたシーンに息苦しささえ感じました。


しかしこの物語は悲劇であるにもかかわらず、ラストシーンを見たときにある意味清々しさを感じ、ほんの少し救われた気がしました


見た後不思議な気分のする作品である、という印象が強かったのです。



この映画の本質について考える前に、ちょっとみなさんに質問をしたいと思います。




「日本人は本音と建前を使い分けるから、欧米人から見れば何を考えているのか分かりづらい。」


みなさんは、こう聞いてどう思いますか?

おそらく大部分の人が肯定するでしょう。

私もそうでした。


日本人は欧米人と比べて感情を表に出さずに、声も小さい。ジェスチャーも小さく、自分の意見をはっきりと言わずに「以心伝心」を期待する。


本音をはっきりと言わずに建前を使う一方で、欧米人は率直に物を伝える。


そういうイメージって結構強いんじゃないか、と思います。



しかし、最近私はアメリカ人と接する中で(機会が多いわけではありませんが)本当にそうなのか?と思い始めるようになりました。


そんな折、私の疑問に対して非常に明快に回答してくれたネットの記事がありました。

こちらです。

「英米人は日本人より本音を言わない」

日経ビジネスオンラインの記事です。


内容を要約すると、以下の通りになります。



日本人は本音を言わず、欧米人は単刀直入に話すというのは逆ではないか。


例えば、馴染みの料理屋に入って店主と少し話すと、「実は病気してて困っている」などと他のお客が大勢いる中でも本音を話し始める。


これに対して、欧米人は会社の同僚などかなり親しい間でも自分の胸の内を打ち明けることは少ない。相手を信頼し、本音で語り合う傾向にあるのはむしろ日本人。


上司が部下を呼んで仕事の評価をする際にも、基本的には良いことしか言わない。ただ、「今年の営業成績はもう少しいけたはず。とはいっても景気が悪かったのが最大の要因ではあるけれどね」などとフォローを入れるが、欧米人の部下としては「相当厳しいことを言われた」と思うはず。


職場に顧客とのトラブルを抱えた問題児がいた場合には、「彼は資料作りのエキスパートだから、顧客係はもったいない」、遅刻した部下には「早起きは君の最高の強みではないよね」と言う


褒め言葉の中から、その微妙なニュアンスの違いを感じ取って本音を測るのが英米文化


「not very good」の本当の意味は「かなり悪い」。「OK」はまずまず


本音を隠して陰険だ」と捉えられるかもしれないが、「物事を良いイメージで捉えられる」長所でもある


と結んでいます。



アメリカでは自由と平等が非常に重視されています。非常に耳障りの良いことを言う一方で、人種間の差別は厳然として残っています。




テレビなどの暴力描写は過剰なまでに敏感になる一方で、銃器が簡単に手に入り、銃を使った犯罪は非常に多いです。




ドラッグやアルコールなどの規制は非常に厳しいにもかかわらず、それらが蔓延し簡単に手に入る環境もあります。




オバマ大統領が医療保険改革で国民皆保険を導入しようとすると、保守派層からかなり強い反対にあったことを覚えている方もいるでしょう。




こうした社会状況を見ると、アメリカこそ「本音」と「建前」が厳然として存在する国なのではないか、と個人的に思い始めるようになってきました。




前置きが長くなりましたが、ここで「アメリカンビューティー」の話に戻ります。


「アメリカンビューティー」で描かれるのは、ごくごく一般的なアメリカのアッパーミドル、いわゆる中産階級でも経済的に恵まれた中流上位の層の「核家族」です。


広い庭に大きな一軒家を構え、高級車を二台も保有しています。ケビン・スペイシー演じるレスターは広告会社に勤務し、アネット・ベニング演じる妻キャロリンは不動産関係の仕事をしています。


高校生のかわいい娘ジェーンもいて、表面的にはアメリカの美徳=アメリカン・ビューティーとされるものを持っているかのように見えます。


しかし、蓋を開けてみれば生活に情熱のなくなった夫と世間体ばかりを気にする見栄っ張りな妻。もう長い間夫婦関係はなく、それぞれお互いに関心が薄れ、娘との会話も少なく、主人公はシャワーで自慰行為にふけることが唯一の楽しみ。


そして、あろうことかレスターは隣人の子供リッキーからマリファナを購入し、娘の同級生ジェーン(高校生)を一方的に好きになる。そして、妻は妻で不倫に走る。


隣人は非常に厳格な父親の「フィッツ大佐」と、精神を病んでしまった母親、そして盗撮をする息子のリッキー。




もうね、はっきり言って最悪です(笑)



これから大人になることに希望を抱いていた大学生が見るものじゃありませんでしたな(笑)





実のところ、アメリカとは見た目やイメージとしての「素晴らしさ(建前)」と実際の「現実(本音)」が相当使い分けられているように思えます。

ここを理解しないと「アメリカ」という国が分からないのではないでしょうか。


この現状が、映画の中の家族や隣人関係に落とし込まれていて、非常に考え抜かれた設定になっています。


つまり、アメリカンビューティー(アメリカの美徳)とはこのアメリカの「建前」と「本音」を示したものであるのでしょう。



サム・メンデス監督はイギリス出身だからこそ、アメリカ人にとっては気づきにくいタブーをここまでしっかりと描き切ることができたような気もします。



アメリカンビューティーに見る空撮の役割




この作品は、冒頭レスターの独白とともに、町の空撮から始まります。この空撮が非常に良い効果を出していて、観客を物語に引き込む演出であると同時に、この物語が、死んだ主人公(魂)の視点から語られることを観客に知らしめる効果ももたらしています。そして、ラストも空撮で終わる。ここも、レスターが死亡してこの世から離れていくとともに、観客に対しても映画の世界から現実の世界に意識を戻させる役割を果たしています。




物語は救いようのない悲劇であるにもかかわらず、ラストシーンで感動する理由


(ネタバレ要注意です)



物語は、すでに亀裂が入っている家族の崩壊が描かれるため、正直言って鑑賞中はどんどん嫌な気分になりました。ユーモアもブラックすぎて、正直ついていけないとさえ思ったほどです。


しかし、鑑賞後はどこかふっと心に沁みる何かが残るのです。



それは、シナリオ的な部分でいうと、物語の終盤までは崩壊し続ける家族が容赦なく描かれますが、レスターは最後の最後で人間としての「良心」を取り戻すのです。その瞬間、これまでの人生の良い記憶をも思い出す。


アメリカ社会のストレスや矛盾はあるにせよ、それでもそこから自力で「良い方向へと向かおうとする」力はまだ残されているのではないか。本来のアメリカンビューティー(アメリカの美徳)とはそうではないのか。



救いの余地が残されているのです。


そして、冒頭の独白通り、レスターは殺されます。



しかし、自分が死ぬその瞬間、これまでの溢れんばかりの美しく光る思い出が、レスターの死にゆく脳裏に駆け巡るのです。



ここの映像的な演出が素晴らしい。レスターの独白とピアノの美しい音楽に乗せて、レスターの過去の回想シーンとレスターが死んだ時の他の人物の様子が交互に映し出されます。ここをカメラの動きとディゾルブをつかってゆるやかにショットをつないでいる。


これまで映像に「赤」が多用されている分、回想シーンのモノクロ映像が良いコントラストになっています。

レスターの穏やかな独白もあいまって、非常に感動的なシーンになっているのです。


家庭が崩壊しかけ、しかも自分は殺されたにもかかわらず、最期にレスターが抱いた感情は、感動と感謝の念と安らぎ。そして家族への想い。




人は死ぬ瞬間、圧倒的な光に包まれて、この世の中のすべてのものが光り輝き、とても美しく見えるそうです。この世の中で抱いてきた負の感情はすべてなくなり、そして感謝の念だけが残る。


これこそが本当の美しさなのかもしれません。この美しさは普遍的であるからこそ、アメリカ人ではない私が見ても、感動を覚えたのではないでしょうか。


この感動は、この世の中のあらゆる不条理なことや醜いことがあるからこそ一層光り輝く。耳障りの良い建前ばかり言っていても、醜い本音が現実として立ちはだかっている現実を容赦なく映画の中で描いたからこそ、このラストが煌めいて見えるのかもしれません。




感謝の念や安らぎを実感するのは、死んだ時というのが非常に寂しいところですが、だからこそリアリティーがあるのでしょう。





posted by DY Duke at 18:08| Comment(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

GoProとEOS 70Dで撮影した旅ムービー〜旅動画を「作品」にする

昨年末に予告編ムービーとして、「Floating in the island trailer」をアップしましたが、その本編がようやく完成しました汗

まずは、動画をどうぞ!





昨年末にアップした予告編ムービーはこちら






動画を撮影した舞台

家族で、那覇で一泊、石垣島経由で小浜島で二泊という旅程で出かけました。

動画の前半で出てくるのは那覇のモノレール「ゆいレール」や那覇公設市場の映像です。



スクリーンショット 2015-03-08 22.38.11.png




小浜島は、2001年にNHK朝の連続テレビ小説で好評を博した「ちゅらさん」の舞台でもあります。
小浜島自体は非常に小さな島で信号はなく、石垣島からフェリーで30分の場所にあります。





宿泊した場所は「はいむるぶし」。


スクリーンショット 2015-03-08 22.31.31.png


かつてヤマハリゾートが開発し、今は三井不動産が経営するリゾートホテルです。
冬だったので、今回は曇りがちなお天気を予想しておりましたが、奇跡的に快晴となった日があり、動画でも非常に美しい映像を撮影することができました♪



今回撮影に使用した機材



今回撮影に使用した機材は、いつもどおりEOS 70DとGoPro Hero 3+。


さらに、GoProの手持ちジンバルとして、前のブログでも紹介している、Feiyu-tech社製の三軸手持ちジンバルを使用しています。


このジンバルは完全に振動をなくすことはできないまでも、動画のクオリティアップにはかなり寄与しており、もはやGoProに欠かせないアイテムとなっています。


今回は、3歳の子供を連れた家族旅行ということもあり、子供を見ながらの撮影にはあまり手間暇をかけることはできませんでした。


そういう時こそ、やはりGoProとこのジンバルの組み合わせは本当に便利です。思いついた時にぱっと取り出せて、しかも手振れなどの振動を大幅になくしてくれるので、こうした旅行動画撮影には本当に向いていると思います。


そして、風景など比較的落ち着いた状況で撮影できる時には、EOS 70Dを撮影に使っております。


旅動画を「作品」にするために


こうした家族旅行の映像は、撮影しておくだけでも思い出として残るもの。でも、折角だから家族旅行の映像を作品として編集したい。


そういう時に必要なこととして、今回思ったのは「なるべく多くのアングルから撮影をしておく」ということ。編集することを前提に考えるのであれば、似たようなアングルからの映像ばかり撮影していても、編集の際にどれも似たような映像になってしまって、変化に乏しくなってしまいます。
理想を言えば、今回の映像ももう少し多くのアングルから撮影しておけばもっと編集の幅が広がったのではないかと思いました。


さらに、アクセントとなる映像を撮影しておくと、完成時の編集クオリティーが格段に違ってきます。

具体的には、家族の映像だけではなく景色や近くに咲いている花、木漏れ日などといったショットです。

それと、手や足などをアップで捉えたショット。
ブログで書いておいてなんですが、今回はこうした手や足、体の一部のショットをあまり撮影していなかったのですが、編集段階でこういったショットがあると格段に動画の質が上がるということに気づきました。


カートを運転している妻のハンドルを握る手のショットを撮影していたので、そのショットを動画内で何箇所か使用しています。


編集しやすい撮影方法

映像撮影の時に、ほんの少しカメラを移動させながら撮影すると、編集の際に他の映像とすごく繋がりやすくなることがあります。特に、旅動画のように前後関係にドラマほどの明確な前後関係がない場合には有効な手法ではないか、と思います。


今回EOS 70Dはすべて手持ちで撮影をしたのですが、空港のショット、機内のショット、フェリーターミナルのショット等、手振れが極力入らないようにしながらカメラをわずかに横移動させて撮影しているシーンがけっこうあります。

こうすると映像自体にリズムが生まれ、映像の繋がりが滑らかになる効果があるように自分では思っています。しかも、動画の質も上がりますので、オススメの手法ではあります。



カラーグレーディングをほどこす


カラーグレーディングの奥は深く、映像製作の際にはこの専門の人がいるほどです。本格的にやるとなると、非常に奥が深いことなのですが、近年知識のない人でも比較的簡単に「それらしく」映像の色合いを変えられるソフトが出ています。

今回も私が使用したのはMagic Bullet Looks 2というアプリで、知識のない素人から、ある程度カラーグレーディングを追い込みたい人までそこそこの映像の雰囲気を変えられるものです。


手間がかかるといえばかかりますが、カラーグレーディングだけでも映像の雰囲気は大きく変わり、作品らしくなってくるのです。



以上、今回アップしたムービーの制作日記をお伝えいたしました。本動画のメイキングの記事はまだまだ続きます♪






posted by DY Duke at 23:21| Comment(0) | 動画制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

フランス特殊部隊GIGN〜エールフランス8969便ハイジャック事件

いや、久しぶりに「燃える」映画でした(笑)


前の記事でも言及していますが、私がかつて好きだった映画のジャンルはアクション・SF大作もの(笑)

そのDNAはまだ残っているようです。


今日ご紹介する映画はこちらです♪



フランス特殊部隊GIGN〜エールフランス8969便ハイジャック事件
フランス特殊部隊GIGN/エールフランス8969便ハイジャック事件(字幕版) - ジュリアン・ルクレール
[iTunes] フランス特殊部隊GIGN/エールフランス8969便ハイジャック事件(字幕版) - ジュリアン・ルクレール




ジャケットだけ見ると、どことなくB級アクション色が漂っていますが(笑)、これが非常に良くできた映画でした!



この映画は、1994年12月24日に実際に発生したエールフランス8969便が武装イスラム集団(GIA)によってハイジャックされた事件をドキュメンタリー風に再現した映画です。


予告編はこちら




フランス特殊部隊GIGNとは?


GIGNとは、正式名称を国家憲兵隊治安介入部隊と呼び、フランス国家憲兵隊に属する対テロ特殊部隊です。

ちなみに、GIGNはどう読むのかというと、フランス語なので「ジェ・イ・ジェ・エン」と読むそうです。


なんだかじぇじぇじぇみたいっすね(爆)


ちなみに、この国家憲兵隊という組織は軍警察という扱いで通常の警察業務も行う組織のようです。もっとも、日本においてはこの「憲兵」という制度が戦後は存在しないため、ちょっと馴染みのない部分もあるかと思いますが。


このGIGNがマスメディアに登場した最近の有名な事件は、シャルリー・エブド襲撃テロ事件でしょう。


容疑者が立てこもる食料品店や印刷会社に突入したのが、この組織GIGNです。



映画のストーリー


1994年12月24日、アルジェリアのアルジェ国際空港から、フランス・パリのオルリー空港に向かう予定だったエールフランス8969便は、出発準備中突如アルジェリアの大統領護衛警察を装った武装イスラム集団に乗っ取られた。


アルジェリア政府が交渉を進めるが、イスラム救国戦線の指導者二人の解放を要求するハイジャック犯との交渉が長引く中、人質が3名殺害される。


自体の進展が見込めない中、フランス政府は特殊部隊GIGNを招集。
同時にフランス外務省は武装イスラム集団との金銭取引を試みるが、交渉は決裂。

ハイジャック機はフランスに向けて飛び立つが、パリまでの燃料が足りないため目的地をマルセイユに変更し、犯人グループはパリまでの再給油を要求した。

しかし、犯人グループの真の目的は、指導者の解放ではなく恐るべきものだった・・・。


というものです。まぁ、実際の事件を忠実に再現しているので、事件の流れはご存知の方もいらっしゃるかと思います。


特筆すべき映像表現

まず、この映画は全編にわたって映像の彩度を大幅に落としてあり、ほぼ白黒といってもいいくらいです。ただ、ショットによっては青や赤の色彩が多少強調され、その色だけが存在感を持っているショットもあります。
この表現で、実際の事件のリアリティーや緊迫感を強調する効果を上げています。


さらに、度々見られるのが「ジャンプカット」と呼ばれる手法。
画面の連続性を無視してショットをつなぐ手法です。この手法で、ドキュメンタリーのような雰囲気と、キビキビしたカット割りを実現しており、映像の緊張感を高めるのに役立っています。


そして、意図的にシャッタースピードを速くして撮影しており、登場人物の動きがキビキビした印象を受けます。(この手法は映画「プライベート・ライアン」などの戦争映画にもよく見られます)


そして、実際の報道の映像を巧みに組み合わせることで、臨場感を上げることに成功しています。特に、クライマックスの戦闘シーンは、この報道映像が本当に素晴らしい効果を上げています。


実際にGIGNの隊員が出演。本物の装備品を使用して撮影されている。


特殊部隊のような高度な技術を持つ集団を演じるには、やはり役者がやるとどうしても偽者くささがでてしまうものですが、この映画は主要登場人物以外の隊員はすべて本物のGIGNの隊員が出演しているそうです!
ですから、特殊部隊員の動きが非常にリアルなんですね。



クライマックスの航空機突入シーンの壮絶さ


これは、実際にご覧になった方が良いかと思いますが、リアリティーと映画的演出が高次元で両立されています。

機内に突入してからの銃撃戦のシーンは、本当に凄絶なものです。


実際にあった事件でもあり、見ていて非常に恐ろしくなるほどです。

ハイジャック犯の武装イスラム集団も、普通の犯罪者レベルではなく、鋼鉄なまでの強い意志を持ち、高度に訓練されているので、制圧は一筋縄では行きません。


銃弾が飛び交い、破壊される航空機内。銃弾を体に受けて崩れ落ちるGIGN隊員たち。


足を撃たれて倒れても、容疑者に狙いを定めて制圧射撃を続けるさまが生々しく、そしてスリリングに描写されます。

そして、弾丸を撃ち尽くしたらすぐさま武器を持ち替え、銃撃の手を緩めることはない。

ちょっとマニアックな指摘ですが、GIGNが保有している拳銃は、各国の特殊部隊が持っている自動式拳銃ではなく、リボルバー(回転式拳銃)なんですね。
形は違いますが、シティーハンターが持っている銃と似た形のものと表現すれば分かりやすいでしょうか(笑)

最新式の拳銃よりも装弾数が少ないですが、信頼性が高くしかもより強力な弾丸を撃てるところにメリットがあるようです。

これが、映像的にすごく職人ぽい感じがして、漢ゴコロをくすぐります(わたしだけか)


国家を守る、治安を守る、ハイジャック機の乗客乗員の生命をなんとしてでも守り抜こうとする、特殊部隊員の圧倒的なまでに強い意志を感じさせる映像です。



見た後は、全身に力が入っていたことに気づきました。


映像表現的にもとても興味深い作品でした!アクション物や国際政治に関心がある方は、ご覧になると良いかと思います♪
posted by DY Duke at 22:21| Comment(6) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。